ヘンケルのはめ合い用接着剤は嫌気性であり、締りばめや隙間ばめ、ならびに過酷な環境条件下において高振動を受けやすい構造で使用されている各部品の正確な組立に必須なアイテムです。構成部品間の隙間を埋め空気が遮断されることにより硬化し強力に接着するため、、高荷重にも対応します。つまり、接着された構成部品と機械の設計により、あらゆる基材において高い強度と耐熱性を実現できるのです。

はめ合い用接着剤は、広範な機械構成部品の他にも、ベアリング、シャフトおよびシリンダーライナなどに使用され、自動車産業および重機産業で最も多く使用されています。一方で、この接着剤は可動部品の金属間接着を必要とする産業でもご使用いただけます。また、はめ合い用接着剤を使用することで、製造業者様はメンテナンス中に広範な機械構成部品における不要な加工を回避していただけます。

高絶縁・高強度なはめ合い用接着剤が他の接合・接着方法よりも選ばれる理由は数多くあります。そして、そのメリットは明確です。事実上、負荷を受け接着面積が小さく、そして可動機器内にある構成部品はすべて、はめ合い用接着剤を利用することで多くのメリットがあります。さらに、腐食につながるフレッティングの危険がある構成部品も、はめ合い用接着剤を使用することで摩耗や操舵中のエラーの可能性を減少させることが可能です。

各製品またははめ合い用接着剤の製品ラインナップについては、いつでもお気軽に当社までお問合せください。そして、お客様それぞれのニーズや特定の用途についてご相談ください。

はめ合い用接着剤の種類:

他の種類の接着剤やはんだと同様に、はめ合い用接着剤にもさまざまな種類があり、各種産業のご要望に応じた幅広い製品ラインナップを取り揃えています。ヘンケルでは、ご要望に応じて開発した下記のような特長のあるはめ合い用接着剤を展開しています。

  • 高強度
  • 耐熱
  • 硬化速度が速い
  • 隙間充填に優れる
  • 低粘度
  • 蛍光剤

一般的に、はめ合い用接着剤の種類は、用途に応じて次のように分類されます。

はめ合い用接着剤とねじゆるみ止め用接着剤の比較

多くの場合、はめ合い用接着剤かねじゆるみ止め用接着剤かの選択でお悩みの場合は、お客様にまず用途と基材について特定していただきます。はめ合い用接着剤は強度がより高く、構成部品の接着のため特別に開発しています。逆に、ねじゆるみ止め用接着剤は、ねじ部品の漏れ、ゆるみおよび腐食の防止のために通常使用しています自動車および重機産業においては、正しい種類の接着剤を選ぶことが非常に重要とされており、一般的に高強度の接着が求められる場合は、はめ合い用接着剤が最適な選択となります。

高強度はめ合い用接着剤

お客様のニーズに合わせた高強度のはめ合い用接着剤をラインナップしています。高強度タイプのはめ合い用接着剤は、高荷重下の設計または過酷な環境条件下で動作する構成部品には必須です。高強度はめ合い用接着剤は、接着面積が限定されている場合や組み立て工程が困難な場合においても各構成部品の接着が可能であり、接合しにくい箇所も確実に接着します。

耐熱用はめ合い用接着剤

耐熱タイプのはめ合い用接着剤もさまざまな特性を持った幅広いラインナップを展開しています。構成部品の周辺温度が高く、熱間作動が必要とする場合において優れた耐熱性を発揮します。耐熱用はめ合い用接着剤は 自動車および整備産業に特に適しており、ロックタイト®製品はこれらの分野専用に開発された製品です。

ロックタイト®はめ合い接着剤の利点:

ロックタイト®はめ合い接着剤の利点:

  • シンプルかつ費用を抑えた設計にてより高い強度を得る
  • 機械加工交差への依存を低減
  • 腐食およびフレッティングの防止
  • 接合部の均等な負荷および応力分散

締まりばめと一緒にご使用いただくと、ロックタイト®はめ合い用接着剤は以下を実現します。

  • 既存の設計および形状に比べてより優れた荷重伝達と性能
  • 公差の精度を緩和しつつ同等の性能
  • 組み付けのサイズと重量の削減

従来法の問題点をロックタイト®はめ合い用接着剤で解決

  • ピン、キー/キーウェイの組み付けは、重さのバランスが不均一となり、その不均衡が高速な振動を発生させる可能性があります。
  • キー溝と鋸歯は、キー領域で発生する「ノッチ効果」により高い負荷を発生し、さらに高額な加工コストがかかります。
  • 締め付けリング、圧力ばめ、締りばめおよびテーパータイプは、トルクの伝達を摩擦のみに依存しているため、材料、表面および設計に限りがあります。特定の耐荷重を得るには精密性が必須となり、生産コストがかさみます。

はめ合い用接着剤の個々の製品や製品ラインナップについては、今すぐ弊社まで、ご連絡いただき、お客様のニーズおよび特定の用途についてご相談ください。

 

はめ合い用接着剤の産業用途

はめ合い用接着剤は、幅広い産業用途でご利用可能で、高強度の接合が必要な箇所に適しています。ロックタイト® はめ合い用接着剤は、お客様のために高強度、耐熱、速硬化および優れた隙間充填の接合を実現します。ヘンケルの製品はこれらの特性の一部もしくは全てをご提供しています。ロックタイト®製品は、一般的にベアリング接着剤として使用されていますが、その他の産業用途にも適しています。

フレッティング腐食の防止

フレッティング腐食の防止は、露出された金属表面の酸化や金属粉が発生しうる機械摩耗を低減するため非常に重要です。フレッチング腐食の防止は、露出された金属表面の酸化や金属粉を発生する可能性がある機械摩耗を低減するうえで非常に重要です。ロックタイト®のベアリング用接着剤は、この種の腐食を防止し、構成部品が長期的に滑らかに動作するのをサポートします。

一般製造業

一般製造業ではさまざまな課題を抱えています。つまり1つの施設で複数のはめ合い用接着剤が必要とされる場合があるということです。ヘンケルのはめ合い用接着剤は、ベアリング、スリーブおよびピン、ならびに隙間ばめ、圧入ばめおよび締りばめのある機械および構成部品に最適で、これらの課題を満たすさまざまな特性を提供しています。実際に、加工部品の柔軟かつ信頼性の高い接着が求められる場合に弊社のはめ合い用接着剤が効果を発揮します。

メンテナンス用途

あらゆる設定における機械のメンテナンス、修理および操作に対し、はめ合い用接着剤は航空宇宙業界など、広範な用途で包括的なソリューションを提供します。重要機械を万全に維持し修理を迅速かつ容易に実施できるようにすることは、工場または施設にとって効率的な運営の鍵となります。ヘンケルのロックタイト®はめ合い用接着剤は、標的化したソリューションを常に確実にご利用いただけるようにサポートします。

自動車

高品質はめ合い用接着剤は、自動車産業で頻繁に使用されており、広範な構成部品に高温の隙間充填に関するソリューションを提供しています。特に自動車のシャフトやキーウェイの修理において、部品全体を交換するコストを削減することができます。ヘンケルは広範な自動車用途のあらゆる箇所に活用いただけるロックタイト®を開発しています。

その他の資料

ヘンケルのはめ合い用接着剤に関する詳細は、ここから各PDFをダウンロードしてください。TDSおよびSDSシートまたはロックタイト®製品の詳細については、弊社までご連絡ください。

お問い合わせ

下記のフォームにご入力ください。

営業日3日以内に返信がない場合は恐れ入りますが’webmaster.ljapan@henkel.com’までご連絡ください。

There are some errors, please correct them below.
下記から選択してください。
入力必須です。
入力必須です。
敬称
入力必須です。
入力必須です。
入力必須です。
入力必須です。
入力必須です。
このフィールドは無効です。