ねじゆるみ止め用接着剤の原理・特長|ロックタイト嫌気性接着剤

COVID-19最新情報

ヘンケルはCOVID-19への対応と状況について情報を公開しています

詳細はこちら
  • 嫌気性接着剤の原理・メカニズム
    嫌気性接着剤は、一般的に空気(酸素)の存在下で安定しています。金属イオンが反応し、空気が遮断されると、接着剤が硬化して固体の熱硬化性樹脂を形成します。 反応を開始するには、活性イオン(銅や鉄を含む合金など)が必要です。ねじとナットの隙間に入り込み硬化したらアクリルの樹脂、つまり、プラスチックになります。
  • ロックタイトねじゆるみ止め用接着剤(ネジロック)がゆるまない理由
    ロックタイト嫌気性ねじゆるみ止め用接着剤は、「ねじとナットの隙間」を埋めて硬化します。そして、ねじとナットを一体化させることにより、振動やたわみからねじのゆるみを防止するのです。また、「ねじとナットの隙間」を100%シールする事により、外部や内部から水分が入ってこなくなり、錆や腐食からもねじを守ります。
  • ロックタイトねじゆるみ止め用接着剤(ネジロック)の特長
    高いゆるみ止め機能を発揮します。
    取り外し可能なタイプから、永久固定まで様々な製品があります。
    1液で使いやすく、液状なので、色々なネジのサイズにも使用できます。
    ゆるみ止め硬化を発揮するだけでなく、隙間を埋めるシール効果もあります。
    耐薬品性も非常に高く、腐食も防止します。
  • 接着可能な金属
    嫌気性接着剤は金属の種類により、強度や硬化時間が変わります。一般的に活性金属と呼ばれる鉄や銅などの錆びやすい素材は速く硬化します。不活性金属と呼ばれるステンレスやアルミなどの錆にくい素材は硬化も遅くなります。ただ、そのような状況にも対応した接着剤はあります。
    ※ロックタイト嫌気性接着剤は金属専用です。
  • 嫌気性接着剤の用途
    嫌気性接着剤の用途には、ねじのゆるみを防止するねじゆるみ止め(ネジロック)用途以外に、配管の漏れを防止する配管シール剤、フランジまたはガスケットの漏れを防止する液状ガスケット、および勘合部品のゆるみを防止するはめ合い用という4つの用途があります。

本内容は動画でも解説しています。合わせてご参照ください。

お問い合わせ

下記のフォームにご入力ください。

営業日3日以内に返信がない場合は恐れ入りますが’webmaster.ljapan@henkel.com’までご連絡ください。

There are some errors, please correct them below.
下記から選択してください。
入力必須です。
入力必須です。
敬称
入力必須です。
入力必須です。
入力必須です。
入力必須です。
入力必須です。
このフィールドは無効です。