構造用接着剤は、多種多様な産業分野を対象とした工学用途向けに設計されており、耐荷重性やその他の様々な構造条件が求められる場合に確実で持続的な接合を実現します。多様な表面や素材そして用途に対応できる幅広い製品のラインアップが含まれており、これらの強力なアクリル、ポリウレタン、シアノアクリレート、アネロビクス、フェノール、酢酸ビニル、およびエポキシ製の構造用接着剤は、産業および商業設計の様々な用途にご使用いただけます。

配合された構造用接着剤には下記のような利点があります。

  • コストのかかる機械的締結方法の回避または大幅な削減
  • 機械的留め具と比べて見た目が向上
  • 基質に対して均一な重量分散
  • 多基質接合:異なる(異種)基質材料の接合
  • 高速な処理
  • 低重量または重量削減の用途に最適
  • 人件費の削減
  • 部品間の大きな隙間の充填
  • 使いやすいパッケージとアプリケーター

現在、製造業者様向けに対応可能な製品数と産業用シーリング材およびPSAのを融合具合を考慮すると、用途に適した構造用接着剤を見つけるのが困難になっています。また、手動あるいは自動プロセスに適したアプリケーターもしくは接着剤を選択するのも同様に難しいことでもあります。そして、製造業者様にお選びいただいた製品が既存のプロセスに効率よく統合できるかを確認することが非常に重要です。

これらの課題を解決するため、ヘンケルのカタログには、当社の各構造用接着剤の包括的な情報と特定の産業用接合、封止および組み立て用途における実証済みの実例を掲載しています。また、カートリッジ、シリンジ、軟質ボトル、2液用デュアルカートリッジなど、持ち運びやすく、手動でも半自動ラインでも使いやすいパッケージで提供しています。お客様の用途に合わせて、ヘンケルのチームがデザイン、プロセス、または産業向けに最適な構造用接着剤についてアドバイスおよびガイダンスを提供いたします。

構造用接着剤についての詳細は、今すぐ当社までお問合せください

構造用接着剤の化学物質

現在、幅広い産業および商業分野における設計ニーズを満たす多種多様な構造用接着剤を提供しています。各製品にはそれぞれ特有の利点があり、その各特徴を活かしてお客様の特定の用途を満たす接着剤をカスタマイズすることができます。当社のロックタイト®およびテロソン®ブランドは、広範な用途に対応するため、柔軟性と適応性を兼ね揃えるよう特別に製造されており、各製品は異種の基質を含め様々な基質の接合に適しており、お客様のニーズに対応いたします。構造用接着剤の種類については、下記をお読みください。

エポキシ系樹脂接着剤

エポキシ系樹脂接着剤は、高い汎用性があり、多くの基質を簡単に接合でき、永久接着に必要な優れたせん断強度をもつ様々な特性を提供します。さらに、エポキシ系樹脂接着剤は、その耐熱および耐薬品性、最小限の収縮および結合力を活かし自動車、工業、および航空宇宙 の用途でも広く使用されています。高品質なエポキシ系樹脂接着剤の用途はこれらの産業のみに限らず、あらゆる製造工程でご利用いただけます。

構造接合用アクリル接着剤

構造接合用アクリル接着剤は、実質的にすべての基質の長期的な接合に対応するため、特別に設計されました。ヘンケルは、多基質構造接合に適したアクリル接着剤を多数用意しています。これらのアクリル接着剤は、常温または熱によって硬化します。これらの接着剤は、一般に溶接またはリベット接合の代わりに使用され、全体的なコストを削減します。

強み:

  • この接着剤は接合強度に影響することなく、熱膨張による動きを止めずに構造の柔軟性を維持することが可能です。
  • 構造に負荷を与えることなく、温度変化に対応します
  • 熱を吸収するため、高い衝撃耐性と堅牢性を実現します
  • 優れた破壊靱性
  • アクリル接着剤に比べて手頃な価格設定(生産要素による)

デメリット:

  • 湿潤環境での層間剥離を防止するため良好な表面仕上げが必要
  • 単位面積あたりの強度が比較的弱いものの、ほとんどの場合接合に必要な強度を上回ります。

構造接合用ポリウレタン接着剤

ポリウレタン接着剤はプラスチック、金属および木材など、多様な異なる基質を接合します。湿度およびその他の環境因子に対する耐性が強く、結合強度と柔軟性に定評があります。ヘンケルでは、さまざまな製造ラインに対応するため、1液および2液型の接着剤系をご用意しています。

ロックタイト® PURBOND® は、ラミネーションおよび組み継ぎなど、工学的な木材の用途に使用する製品ファミリーです。接着ラインが透明で、ホルムアルデヒドを追加する必要もありません。これは、製品を構築するうえで、持続可能性に優れたオプションのため、大きなメリットをもたらします。この製品ファミリーは長いオープンタイムを特徴としており、少ない塗工量で冷間硬化が可能でRF時間が短いため、この非常に優れた接着剤系の汎用性を実現しています。下記を含む各種建築コード基準に準拠しています。

  • CSA 0112.9潤湿使用
  • CSA 0177 Glulam
  • ASTM D2559
  • ANSI 405 Glulam

塗工量の少ないフェイスエッジや組み継ぎに構造的に適しており、水で洗浄できます。ヘンケルのポリウレタン構造用接着剤ファミリーは、優れた性能でコスト削減を実現します。

二液性接着剤

構造用接着剤の多くでは、二液性の塗布により、広範な硬化速度を提供しています。これら汎用的で柔軟な液体は、あらゆる種類の基質の接合に適しており、塗布する過程で接合をしっかりと管理できます。二液性の構造用接着剤は、手動または自動プロセスのアプリケーターノズルを使って室温で硬化します。つまり安全かつ効率的に接合をすることができ、塗布中および塗布後の精度と外観を向上します。

構造用接着シーラント

構造用シーラントは圧力または液体の喪失を防止し、構造部品を結露や腐食から保護します。構造用接着シーラントは、部品または密封パイプの空間を充填するのに最適で、多様な基質の優れた接合も実現するため、従来のシーラントと接着剤の溝を埋めることができます。手動または自動で塗布でき、多様な配合により、高性能ガスケットやフランジシーリングなど、様々な産業および商業設計に柔軟に対応します。

構造用接着剤についての詳細は、いつでもお気軽に当社までお問合せください

構造用接着剤の産業用途

構造用接着剤は、最も一般的に自動車、 航空宇宙電子工学、建築、加工木材、医療、および消費者産業でも使用され、非常に広範な用途に適しています。中でも磁石接合、金属接合、多表面接合、NVH (騒音・振動・ハーシュネス)削減、プラスチックや複合材の接合、および埋め込みや封入などにも多く使用されています。

金属およびプラスチック用接着剤

金属接合用の高強度かつ軽量な配合により、金属基質および構造部品の組み立てが必要なとき、大きな効果を発揮します。金属接合ではエポキシ系樹脂接着剤が非常に多く使用されていますが、アネロビクスやアクリル接着剤も使用されることがあります。メーカーにとって新規および既存の設計でプロセス効率を向上するとは困難ですが、ヘンケルの多様な構造用金属接着剤を使用することで、強度や衝撃耐性、または見た目を妥協することなく、効率を改善し、コストを削減することができます。

アクリルおよびポリウレタン接着剤はプラスチックおよび多基質の接合に一般に使用されています。そのため、多種多様なプラスチック基質を接合するために湿度やその他の環境因子による耐性に加えて高い保持力が求められる場合に、これらの製品が非常に適しています。

加工木材用構造用接着剤

気候変動や効率の必要性から、社会的意識の高い建築概念に対する世界的なトレンドが推進されています。中でも、木材は気候変動に優しい建材としてトップに挙げられます。再生可能かつリサイクル可能なリソースとして、木材は扱いやすく理想的な構造特性を提供し、他の材料と融合し、健全な室内空気質を実現します。

クロスラミネート木材による加工木材の 高層ビル建設 では、接合された木材の層が高性能な構造要素となります。これらの構造は長距離に拡張し、特殊な構造形状を形成します。木材は、既存の構造物に階数を追加するとき、または高層アパート、ホテル、病院、学校、大型工場および倉庫、スポーツ・レジャー施設、産業および商業施設、および橋の建築時に耐荷重材として使用されます。

高性能接着剤の開発は、現代の木材建築技術の幕開けとなっています。ロックタイト® PURBOND製品ファミリーの一液および二液性ポリウレタン接着剤は、加工木材製造で重要な役割を担っています。ロックタイト® PURBOND開発の木材は、   ヘンケルが特許取得済みおよびに認証済みの接着剤技術で長年の経験に裏打ちされた業界のノウハウに基づいています。

加工木材業は、継続的なイノベーションを遂げながら今後も成長と拡大を続けていきます。結果的に、世界的に好景気な時代にも、一定した高い製品品質と優れたサービスを提供し続けるチームに安心してお任せいただけます。ヘンケルの技術スタッフはお客様と協力し、接着技術を開発しています。

ロックタイト® PURBOND接着剤は、主要な加工木材の建築市場において、規制機関より正式に認定されています。ヘンケルは、今後も応用技術を開発、強化し、加工木材建築業界で新たな一面を切り開き続けます。木材の材料としての人気や生産工程の最適化、および新たな応用分野の拡大により、具体的かつ正確に管理された接着剤の需要は急速に高まっています。

構造用接着アルミニウム

アルミニウムには独自の課題があり、塗布する前に酸化物の蓄積を除去する適切な準備が鍵となります。アルミニウムの構造用接着剤としてアネロビクス、シアノアクリレート、およびエポキシが一般的に使用されており、広範なアルミニウム合金に対して強力な接合と耐衝撃性を保証します。あらゆるタイプの設計でより効率的なプロセスとコストの削減が求められており、ヘンケルでは、お客様の特別な要件を満たすため、幅広い製品ラインナップをご用意しています。

シームシーリング

広範な用途において信頼性の高い堅牢なシームシーリングを提供するには、専用の構造用接着シーラントが必要です。構造用接着シーラントは、液体またはガスの存在下で強度と気密性を提供し、構造部品に対して優れた耐熱性と耐薬品性がある一方、腐食を最小限に留め、効率的な運用を実現します。ヘンケルの幅広い製品ラインアップは、瞬時の接着と密封を可能にし、要件が厳しい環境でも信頼性と強度を確保し、その中でもガスケットおよびフランジシーリングで高い性能を発揮します。

その他のリソース

当社の構造的接着剤の包括的な安全性シートおよびRoHsなど、ヘンケルの製品に関する詳細は、必要なPDFをここからダウンロードしてください。必要な情報が見つからない場合、TDSおよびSDSシートもございますのでいつでもお気軽にご連絡ください。またその他ご質問やご不明な点がございましたら、お聞きください。

お問い合わせ

下記のフォームにご入力ください。

営業日3日以内に返信がない場合は恐れ入りますが’webmaster.ljapan@henkel.com’までご連絡ください。

There are some errors, please correct them below.
下記から選択してください。
入力必須です。
入力必須です。
敬称
入力必須です。
入力必須です。
入力必須です。
入力必須です。
入力必須です。
このフィールドは無効です。