包装用ホットメルト接着剤|メンテナンスコスト・作業環境を改善

ホットメルトを用いたパッケージの製造において定期的なメンテナンスは必要ですが、現在どれぐらいのメンテナンスコストが発生していますか?また、作業中の火傷や臭気で気分が悪くなったことはありませんか?低温塗工タイプの包装用ホットメルト接着剤:TECHNOMELT® SUPRA COOL(テクノメルト スープラ クール)を使用することで、メンテナンスコスト低減や作業環境の改善が可能です。

・ホットメルト接着剤とは
ホットメルト接着剤は塗布工程や成形工程で使用できる固形材料です。溶融させてから塗布し、冷却、硬化させると接着力を発揮します。多くの場合、再溶融により繰り返し使用可能です。

・包装用に使用されるホットメルト接着剤
ポリオレフィン系などの包装用ホットメルト接着剤は、飲料などの段ボールケースの組み立て用、食品等のカートン組み立て用、製函用、封函用、カートン用、小箱用など幅広いパッケージング用途で使用されています。

・メンテナンスコストを削減できる理由
パッケージの製造において、現在、どれぐらいのメンテナンスコストが発生していますか?ホットメルトを使用する場合、定期的なメンテナンスが必要です。また、安定稼働のためには、消耗部品の交換も必要です。さらに、ホットメルト由来の予期せぬノズル詰まりが発生した場合、ノズル交換作業等、復旧までのイレギュラーなメンテナンスが必要となります。
ヘンケルのTECHNOMELT® SUPRA COOL(テクノメルト スープラ クール)は低温で使用可能なホットメルトです。熱安定性に優れるためノズル詰まりトラブルが低減、イレギュラーなメンテナンス作業が激減します。消耗部品の寿命が大幅に延びるため、定期メンテナンス時の部品コスト代を削減します。

・作業環境を改善できる理由
ホットメルトを使用するパッケージ製造において、ノズル交換の際、火傷した事はありませんか?タンクを開けた際の臭気により、気分が悪くなったことがありませんか?熱さで熱中症になったことはありませんか?低温塗工タイプの包装用ホットメルト接着剤:TECHNOMELT® SUPRA COOL(テクノメルト スープラ クール)であれば、このような作業環境における課題を改善できます。

・TECHNOMELT® SUPRA COOL(テクノメルト スープラ クール) の特長
熱安定性が改善された低温塗工が可能なホットメルト接着剤です。これにより、ダウンタイム削減、メンテナンスコストを劇的に削減し、生産現場の作業環境を改善します。また、低温塗工であることから、電力消費量及びCO2排出量を削減可能です。

TECHNOMELT® SUPRA COOL(テクノメルト スープラ クール) の特長は動画でも解説しています。合わせてご参照ください。

お問い合わせ

下記のフォームにご入力ください。

営業日3日以内に返信がない場合は恐れ入りますが’webmaster.ljapan@henkel.com’までご連絡ください。

エラーがあります。修正してください。
下記から選択してください。
入力必須です。
詳細をご入力ください。
入力必須です。
敬称
入力必須です。
入力必須です。
入力必須です。
入力必須です。
入力必須です。
入力必須です。
入力必須です。
有効な電子メールアドレスを入力する必要があります。
ヘンケルから商品やサービスに関してメールでご案内を差し上げてよろしいですか?
入力必須です。

お客様からいただいた個人情報は、お問い合わせ・ご質問への回答、情報提供のために使用させていただきます。ご回答までに日数を要する場合や、ご質問内容によってはお答えできかねる場合もございます。また、ご質問内容によっては弊社の海外関連会社で共有する場合もございますのでご了承ください。当社からの回答は、お客様個人に当てたものです。一部・全部の転用や二次利用はご遠慮ください。個人情報の取り扱いについては、当社のプライバシーポリシーをご参照ください。

「ヘンケルのポリシーに同意する。」にチェックを入れてください。

タグ⠀⠀