瞬間接着剤の塗布方法|接着力を高める表面洗浄と塗布のコツ


工業用途向けLOCTITE(ロックタイト)瞬間接着剤の塗布方法について解説します。瞬間接着剤は容器から直接塗布することも可能ですが、塗布機やディスペンサーを用いて定量塗布を行う事で塗布量が安定し、品質の安定につながります。また、塗布する前に重要となる接着面の洗浄方法についても紹介します。

瞬間接着剤の塗布を始める前に

接着剤を使う上で接着面の状態は非常に重要な要素です。表面が汚れていたり、接着剤が作用しにくい表面だと、接着剤本来の性能を引き出すことが出来ません。機械的(研磨、グリットブラストなど)、化学的(エッチングなど)、熱的(火炎処理)、電気的(コロナ、プラズマ処理)、難接着材料用表面改質剤(プライマー)の使用など接着性を高める方法は様々ありますが、あらゆる汚れは接着強度を低下させるため、接着面の洗浄は最も重要な作業です。

接着面を確実に洗浄するには?

汚れが付着している状態では接着性が理想的なものになりません。ヘンケルでは、ロックタイト接着剤を使用する前に専用ディグリーザー LOCTITE(ロックタイト) SF 7063にて前処理(洗浄)することを推奨しています。LOCTITE(ロックタイト) SF 7063の特長や接着前処理の重要性については、接着面・シール面を確実に洗浄するには?|接着前処理の重要性をご参照ください。

瞬間接着剤の塗布方法|手動/マニュアル

瞬間接着剤は通常1液性の接着剤であり、塗布前に混合などの作業は必要ありません。一番シンプルな塗布方法は、容器から直接塗布するという方法です。但し、容器から直接塗布することは簡単である反面、細かい塗布をすることが非常に困難です。そのような場合はニードルを使うと繊細な塗布を行う事が出来ます。ニードルは容器ボトルに直接取り付けて使用する事も可能です。

瞬間接着剤の塗布方法|塗布装置/ディスペンサー

大量生産を行う場合や、定量塗布を行う場合は、塗布装置を用いて瞬間接着剤を塗布することを推奨しています。接着剤の塗布量安定は品質につながる非常に重要な要素です。塗布機を用いて定量塗布を行う事が品質の安定につながります。

ロックタイトデジタルシリンジ塗布機
- シリンジに接着剤を詰め替えるだけで簡単に定量塗布が可能
- 半/全自動のシステムに統合可能

ロックタイト PU20 ペリスタルテックディスペンサー
- 瞬間接着剤の少量塗布に最適
- 電源のみでエアーは不要

瞬間接着剤の塗布に最適な高精度塗布機
LOCTITE PU20 ペリスタルテックディスペンサーを新発売

ロックタイトセミオートマチック塗布機|バルブ搭載半自動型ディスペンサー
-自動塗布バルブおよび手動塗布バルブと組み合わせて使用可能
- 塗布量が一定になり、品質向上

ロックタイトライトキュア ディスペンスバルブ|バルブ搭載半自動型ディスペンサー
- コンパクトなバルブ
- テーブルトップのロボットへの取付に最適
- 高精度な塗布量調整

ロックタイト塗布装置の詳細は、下記の動画をご参照ください。

瞬間接着剤3「瞬間接着剤の塗布のコツ ~接着力を高める洗浄方法から装置塗布まで~」はこちら

お問い合わせ

下記のフォームにご入力ください。

エラーがあります。修正してください。
下記から選択してください。
入力必須です。
詳細をご入力ください。
入力必須です。
敬称
入力必須です。
入力必須です。
入力必須です。
入力必須です。
このフィールドは無効です。
入力必須です。

お客様からいただいた個人情報は、お問い合わせ・ご質問への回答、情報提供のために使用させていただきます。ご回答までに日数を要する場合や、ご質問内容によってはお答えできかねる場合もございます。また、ご質問内容によっては弊社の海外関連会社で共有する場合もございますのでご了承ください。当社からの回答は、お客様個人に当てたものです。一部・全部の転用や二次利用はご遠慮ください。個人情報の取り扱いについては、当社のプライバシーポリシーをご参照ください

「ヘンケルのポリシーに同意する。」にチェックを入れてください。

タグ⠀⠀