ヘンケル安全食品パッケージウェビナー:食品に接触する接着剤に対する国際規制の基礎

COVID-19最新情報

ヘンケルはCOVID-19への対応と状況について情報を公開しています

詳細はこちら

ヘンケル安全食品パッケージウェビナー2018

食品および食品関連産業にとって、食品の安全性は重要なテーマです。ヘンケルのウェビナーでは、各分野の食品安全担当者が直接皆さまに最新の情報をお届けします。

11月28日:食品に接触する接着剤に対する国際規制の基礎

マーケットのグローバル化がいっそう進むにつれて、食品安全の徹底に向けた国際的な連携が求められます。しかし、食品接触材料に関する世界的に統一された法規はまだ存在せず、それぞれの地域で非常に異なる法や規格が適用されているのが現状です。本ウェビナーでは、Dr. Monika Tönnießenが食品接触接着剤に関する世界的な法規について様々な角度からお話しします。製品を複数の地域で販売する場合に考慮すべき最も重要な点をご説明します。

タイトル: 食品に接触する接着剤に対する国際規制の基礎
講師: Monika Tönnießen(博士)、ヘンケルアドヒーシブテクノロジーズ、欧州、製品安全・食品接触担当

開催日:2018年11月28日
9時および16時(CET)(中央ヨーロッパ時間)

午前の部の登録はこちら

午後の部の登録はこちら

今年度開催されるヘンケル安全食品パッケージウェビナーの全日程と最新情報は こちら をご覧ください。