ロックタイト(LOCTITE)®2620ねじゆるみ止め用接着剤(赤)の取り外し方法

弊社によく寄せられるお問い合わせの1つに、ロックタイト(LOCTITE)®2620ねじゆるみ止め用接着剤(赤)の取り外し方法があります。赤色は永久固定用の高強度接着剤ですが、正しい方法をマスターすれば取り外しも可能です。 ねじゆるみ止め用接着剤(赤)を取り外すためには局所的な加熱が必要です。数分間、ブロートーチなどでナットとボルトを250℃まで加熱すると、ねじゆるみ止め用接着剤に含まれる熱硬化性樹脂が軟化します。ナットとボルトが高温になったら、レンチを使ってアッセンブリーを分解します。 ねじゆるみ止め用接着剤(赤)の取り外し方法について、こちらの動画もご覧ください。

ねじ径4分の3インチ(19 mm)までのねじには、ロックタイト(LOCTITE)®2620高強度ねじゆるみ止め用接着剤(赤)をおすすめします。激しい衝撃や振動、また極度の化学的条件や環境条件に耐える必要がある部品をしっかりと固定します。主に次のような用途に使用されています:

  • サスペンションボルト
  • モーターマウント、ポンプマウント
  • ベアリングキャップボルト、スタッド

工具で取り外し可能な、中強度のねじゆるみ止め用接着剤(青)もご用意しております。作業内容に応じて、その他の製品の使用もご検討ください。